目の下のしわを抹消|若い子に負けていられない

丁寧に洗おう

顔を洗う人

汚れの種類が違うから

さまざまな美容方法があふれかえっていますが、美容の基本はまず洗顔です。正しい洗顔を続ければ、そのあとのスキンケア効果も上がります。朝は、洗顔石鹸を良く泡立て、一回洗顔すれば十分ですが、夜は、ダブル洗顔をする必要があります。ダブル洗顔とは、まずメイク落としでクレンジングを行い、そのあと洗顔石鹸で再び洗顔をする方法です。クレンジング剤は、メイクを浮かせて落とす働きがありますが、それだけでは肌の汚れをすべて取り除くことはできません。メイク落としの油分も肌に残ってしまいます。そこで、毛穴の奥の汚れやメイク落としの洗い残しを取り除くために、再度、洗顔石鹸で洗うことが大切なのです。ダブル洗顔には、このような特徴があります。

洗い方を工夫して

洗顔石鹸で洗うときは、洗い方を工夫する必要があります。まず、泡立てネットを用いて、ふわふわの泡をたくさん作ることが大切です。泡をクッションにして、転がすように洗うと、肌に負担がかかりません。一回の洗顔時間は、30秒程度に抑え、無駄に肌をこすらないようにしましょう。そのうえで、ぬるま湯で20回から30回すすぎます。すすぎ残しがあると、肌荒れの原因になるため、ゆっくり丁寧に洗い流すことがポイントです。洗い終えたら、やわらかいタオルで上から押さえるように水気をふきます。このように、洗顔のすべての過程で、肌の負担にならないように工夫することが大切です。洗顔は毎日行うことなので、この繰り返しが健康な肌を作ってくれます。